【2019年夏】うさぎの暑さ対策と熱中症チェックポイントまとめ

うさぎ印がかわいい「鎌倉 半月」に『さくら茶半月』が新登場

鎌倉の和菓子店「鎌倉五郎本店」では、代表銘菓『鎌倉半月』の春限定 桜バージョンとして、『鎌倉さくら茶半月』を2019年2月10日(日)頃から発売します。

 

スポンサーリンク

桜の名所・鎌倉から、さくら茶香る春の手みやげ

鎌倉さくら茶半月(鎌倉五郎本店)

『鎌倉半月(かまくらはんげつ)』は、愛らしい月うさぎ印でおなじみの鎌倉銘菓。今回新たに発売されるのは、春限定の『鎌倉さくら茶半月』です。

おめでたい席でいただく優雅な“さくら茶”は、梅酢漬けの桜の花を白湯(さゆ)に浮かべた香り高いお茶。さくら茶がさわやかに香る春爛漫のクリームを、ほのかに甘くさくっと香ばしい半月のおせんべいにはさんでいます。

鎌倉さくら茶半月(鎌倉五郎本店)

桜満開の空に半月が浮かんだデザインは、まさに春のおぼろ月。お花見とお月見をいちどに楽しむような、ちょっと贅沢な桜月夜のティータイムが満喫できます。ひと足早い、春先取りの手みやげにぴったりです。

鎌倉さくら茶半月(さくらちゃはんげつ)

【価  格】10枚入1,080円(本体価格1,000円)
【販売期間】2019年2月10日(日)頃~2019年4月上旬
【販 売 店】鎌倉五郎本店全店(鎌倉小町通り本店・大丸東京店・三越銀座店・西武池袋店・そごう横浜店・ラゾーナ川崎店) ※ほか、姉妹店の一部や交通機関でも取扱あり。

オンラインでも購入できます▶︎公式オンラインショップはこちら (2月14日(木)受付開始)

鎌倉五郎本店とは

八百年の時をきざむ、花の古都鎌倉にうまれた鎌倉五郎本店。

鎌倉を代表する神社である鶴岡八幡宮へと通じる小町通りの中程に本店を構えています。花と文学の古都にふさわしい味わいを求め、愛らしいうさぎ印の名物「鎌倉半月」をはじめ、幅広い年代に親しまれる可憐な風情の鎌倉菓子を作っています。

公式HP▶︎https://www.kamakuragoro.co.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました