【寒さ対策】冬の備えはどうする?うさぎの寒さ対策とおすすめグッズまとめ

この記事ではうさぎの寒さ対策方法と、寒い時期におすすめのグッズを紹介します。

うさぎの寒さ対策

うさぎは寒さに比較的強い動物ですが、飼いうさぎは野生のうさぎほど強くはありません。寒い地域や寒さの厳しいときには対策が必要です。

うさぎ用ヒーターを使う

暖房をつけても、暖かい空気は上に行ってしまうのでケージ内はあまり温まっていないこともあります。そのため、小動物に使えるヒーターを設置しましょう。

乗って温まるタイプのヒーターは、うさぎがかじっても大丈夫なように作ってあるので安心して使えます。うさぎさんによっては、警戒して乗ってくれないこともあり、そんな場合は立てかけて使うのもおすすめです。

保温電球は、ケージ内をほんのり温めてくれます。小動物用のものは触れても熱くないよう、カバーが取り付けてあります。

また、ヒーターを使う場合は、うさぎが暑くなってきたら自分で離れることができるスペースを確保しておくことが必要です。

ケージにカバーをかける

ケージ用のカバーもありますが、毛布やブランケットをかけるだけで大丈夫です。ヒーターと組み合わせて使うことで、ケージ内を保温します。もし布類だとかじってしまうのが心配なら、ケージから少し離してダンボールで覆ってしまうという方法も。

ケージ内で暖かくくつろぐ

飼い主が常に家にいるなど部屋がいつも暖かい状態なら、ヒーターを入れなくても大丈夫かもしれません。その場合でも、寒くなってきたら自分で暖を取れるようなグッズがあると安心です。

中にもぐれるものは、暖かいだけでなく狭い場所で落ち着いてリラックスすることができます。

どのくらいの温度がいいの?

室温は、常に20度ぐらいをキープするのが理想です。部屋の室温とケージでは温度差があることも。ケージに室温計を取り付けて、温度管理をしましょう。

また、耳が冷たくなっている、食欲が落ちているのは寒がっているサインかもしれません。温度管理の方法を見直してみましょう。

空気も乾燥しやすくなるので、飲み水がなくなっていないかこまめにチェックもしてあげてください。

寒すぎると体調を崩すことも!

寒くなることがストレスとなったり、お腹の動きが鈍くなってうっ滞を起こしてしまううさぎさんもいます。

また、特に子うさぎや恒例のうさぎ、病気療養中のうさぎは自分で体温管理もうまくできないことがあります。ぜひ温度管理に気をつけてあげてください。

タイトルとURLをコピーしました