【2019年夏】うさぎの暑さ対策と熱中症チェックポイントまとめ

【うさぎの臭い対策】原因はトイレ砂や床材かも?臭いを消す方法

この記事では、うさぎの臭いの原因と対策の方法を解説します。

もしいまうさぎを飼っていてニオイが気になる…という場合は、トイレ砂ケージの床材などうさぎの飼育環境が原因です。

臭い対策に便利なグッズが知りたい!という人はこちら

スポンサーリンク

うさぎの臭いの原因とは

うさぎが臭いと感じる原因は、オシッコと盲腸糞です。コロコロしたフンはほとんどにおいませんが、オシッコや盲腸糞は臭いです。盲腸糞はうさぎが自分で食べる糞ですが、お尻の毛や足の裏についてしまうことがあり、それが臭いの原因となることも。

また、発情期に独特の体臭がすることもあります。オスの場合はスプレーといってオシッコを撒き散らすこともあります。この場合は避妊・去勢手術をするしか、臭いのもとを断つ方法はありません。

  • ケージ内にオシッコの汚れが残っている
  • 部屋んぽ中、気付かないうちにカーペットなどにオシッコがついてしまっている
  • お尻や足の裏が汚れている

うさぎの臭い対策の方法

うさぎのニオイを防止するには、飼い主がしっかり掃除やケアをしてあげることが大切です。

トイレ砂をこまめに替える

臭いの原因はおしっこなので、ケージの中のトイレは汚れたらできるだけすぐに替えます。

トイレに使うのはシートよりもウッドリター(木でできた砂のようなもの)のほうが臭いが気になりません。シートタイプは吸収力はありますが、臭いを抑える力は弱くなります。

猫砂は口に入れてしまった時に腸内で固まってしまうおそれがあります。必ずうさぎ・小動物用のトイレ砂を選んでください。

ケージにもペットシーツを使う

ケージの床はスノコが敷いてあると思いますが、スノコの下にもペットシーツを敷いて、おしっこがそのままの状態にならないようにします。

スノコでもおしっこをしてしまう子なら、トイレ砂も敷きつめておけば臭いは抑えられます。

また、エサとして入れている牧草におしっこがかかってしまうと臭いがきつくなります。牧草はおしっこがかからないような配置に気をつけましょう。

消臭スプレーでしっかり掃除

普段のケージ掃除は水拭きでもいいですが、消臭スプレーを使うとよりニオイのもとを断つことができます。

また、部屋んぽ中に粗相してしまったときはしっかり消臭しておかないと、オシッコのニオイが残っている場所をトイレと認識してしまうことも。

消臭するときは、市販の衣類用消臭スプレー(ファブリーズなど)を使うのは避けましょう。うさぎなどのペットがなめてしまうと有害な物質が入っています。

うさぎがなめてしまっても大丈夫な、ペット用の消臭スプレーがおすすめです。

洗えるラグ・カーペットを使う

部屋んぽ中のオシッコ対策として、洗えるラグやカーペットを使うのもおすすめです。

汚れた部分だけ外して洗うことができるジョイントマットや、汚れがしみこみにくいはっ水加工のものなら安心して使えます。

注意:お風呂には入れない

うさぎは自分でしっかり毛づくろいできるのであまり心配ありませんが、ごくまれにお尻の毛が汚れてしまうことがあります。

そのような場合でも、自己判断でお風呂に入れるのはNG!(医師から指示された場合を除きます)

どうしても汚れが気になるなら、絞ったタオルやペット用のウエットシートでやさしく拭いてあげましょう。

まとめ:飼育環境の見直しを!

うさぎの臭いの原因は、

  • おしっこやフンが残っている
  • カーペットなどにおしっこがついてしまっている
  • お尻や足の裏が汚れている

もし臭いが気になる場合は以上のことに気をつけて、トイレ砂や床材、掃除の仕方を見直してみてください。

うさぎの臭い対策おすすめグッズ

多くのうさぎ飼いさんも使っている、便利なグッズをご紹介します。

消臭スプレー

うさぎにも安心な、ペット専用消臭スプレー

トイレ砂

木くずを再利用したもので、アンモニアなどの悪臭を自然に消臭・抗菌します。

牧草入れ

床から浮いて設置するので、おしっこがかかりにくいです。

うさぎ用ウェットティッシュ

ノンアルコール・無香料で皮膚や毛にもやさしいウェットティッシュです。

タイトルとURLをコピーしました